<   2006年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お知らせ

このブログは容量もいっぱいになり、前の記事を削除しながら使っていましたが、
それも限界と思い新しいブログに変更することにしました。

今度のブログは1ギガの容量があり、写真もたくさん載せれるので余裕です。
変更先は、↓です。
http://miyamakirishima.blog70.fc2.com/blog-entry-3.html
[PR]
by mangeturodee | 2006-06-19 23:20

平治岳から北大船のミヤマキリシマ

6月10日、朝6時頃、吉部登山口を出発。
天気は曇りで肌寒い、雨でも降りそうだった。

途中、暮雨の滝により若葉彩どられた滝を見る。
滝の水が少ないように感じた。

今回、大船林道から登るか迷ったのだが、もしかして坊ヶ鶴のミヤマがまだ咲いているかもしれないと思い、一応は坊ヶ鶴より平治岳を目指すことにしたのだが。

さて坊ヶ鶴に着くと、法華院山荘の上の山肌にピンクが見える。
この段階では、平治岳も北大船もミヤマキリシマが頑張って咲いているなんて想像してなかった。
ピンクの山肌、法華院山荘の上の崖を登ろうかなどとためらっていた。

平治岳の様子も気になるし、まず坊ヶ鶴から平治岳へと向った。
時間が早かったせいか混み合うこともなく山頂まで登れたが、
午後、北大船より平治岳の南峰を見ると、蟻の列みたいに混み合っていた。
平治岳は8分咲き。
虫害にもめげずによく頑張ったものだ。

大戸超から北大船に登る途中にあるオオヤマレンゲはまだ蕾のままでした。開花にはあと一週間から10日はかかるとみた。

北大船は私の予想外のミヤマの咲き具合で十分楽しめた。

平治岳も、北大船も想定外の咲き様で嬉しかった。
時間があればまた登りたい。

c0012140_0323526.jpg




c0012140_0332252.jpg




c0012140_0334755.jpg




大戸越より北大船へ

途中、オオヤマレンゲの蕾が迎えてくれる。

c0012140_20222369.jpg




c0012140_0341169.jpg





c0012140_034301.jpg




c0012140_0345327.jpg





c0012140_0355199.jpg




緑に包まれた暮雨の滝

c0012140_0361777.jpg



[PR]
by mangeturodee | 2006-06-12 00:39 | 旅 写真 

阿蘇高岳 ミヤマキリシマ

午前五時頃、仙酔峡より火口東を経由、中岳、高岳、高岳東峰、より登る。
午前中は火口東では、少しは晴れたものの、中岳を登る頃また霧が出始める。

おかげで生まれて初めて中岳山頂西直下でブロッケン現象が見れた。
カメラで撮ろうとしたが間に合わずほんの瞬間の出来事だった。

高岳東峰に着いても天狗の舞台、まして根子岳も見えません。
それでもわずかな霧の切れ間にミヤマキリシマを撮ったりしていると、天狗の舞台までは見えるようになりました。

しばらく山で睡眠をとり晴れ上がるのを待つ。
何しろ会社の飲み会をパスして、睡眠時間30分でここまで来たのですが、
急に睡魔が襲ってきます。

午後からは霧も消え根子岳が霞んで見えるようになり、
カメラマンたちもあわただしく根子岳にレンズを向け始めるのでした。

ところで、高岳のミヤマキリシマは虫にだいぶ食べられています。
天狗の舞台の周りのミヤマキリシマはほとんど食べられているようです。
仙酔峡や阿蘇山上では観光客のために薬を散布しているようですが、
高岳では薬剤を散布していないのです。

阿蘇の蛾がほとんど高岳東峰に卵を産みつけたのではないでしょうか。
東峰の南下のほうは上から見ると綺麗な花をつけているようでした。

午後三時に仙酔峡に降り、阿蘇山上へ車を走らせます。
花の盛りを過ぎた頃でしたが、蝶や蜂が忙しく蜜を吸っています。
売店で会社にお土産を買い、草千里で馬と戯れ帰途に着きましたが、せっかくだから夕陽を待つてみました。
米塚と、牧場の赤牛を背景に写真を撮り帰路へ。


高岳東峰より 手前は根子岳です。
c0012140_180585.jpg




天狗の舞台を背景に
c0012140_1814973.jpg




鷲ヶ峰を背景に
c0012140_1824879.jpg




高岳東峰
c0012140_1832434.jpg





c0012140_184151.jpg



[PR]
by mangeturodee | 2006-06-04 18:06 | 旅 写真