2月5日  吉部から暮雨の滝、坊ヶつるへ

2月5日 晴れ 
9時頃大分市内を出る。10時45分吉部登山口に入る。
期待したほどは雪がなかった。登路は所々雪が溶けてグチャグチャのクロボク。
でもこの道は結構落ち葉があるので汚れは少なくてすみます。
暮雨の滝は完全凍結ではないが凍った滝を始めて見る私には感動的でした。

c0012140_20144526.jpg



c0012140_201522100.jpg



c0012140_2016085.jpg



c0012140_20264492.jpg



c0012140_2027547.jpg



初めて見る凍結滝に思わず時間をかけてしまった。
これから坊ヶつるに上がりのんびりしょう。

坊ヶつる鳴子川の中州から中岳方面
c0012140_2018998.jpg



アセビの実の背後に大船山
c0012140_20185629.jpg



帰りは大船林道近道から
鳴子川にて
c0012140_20217100.jpg



c0012140_20212964.jpg



大石原より日暈の虹と夕焼け
c0012140_20215026.jpg



c0012140_20225875.jpg



今日は初めての凍結した滝と虹の日暈を見れてハッピーでした。
九重の山も春が一歩ずつ近づいているようです。
[PR]
# by mangeturodee | 2006-02-06 20:24

1月28日 久住連山 扇ヶ鼻 中岳 天狗ヶ城 御池 星生山

1月28日 朝早くの天気は曇り、風もあり寒かった。
午前6時頃 朝焼けと扇ヶ鼻の霧氷を期待して牧ノ戸より登る。
沓掛山備え付けの温度計は-6度、扇分れまでの道のりは北から吹き上げる風にちいさな氷も混じって頬にあたる。
分れにて星生西斜面と扇ヶ鼻の霧氷の様子を見ていると、次第に空が晴れ上がってくる。
とっくに太陽は昇っており朝焼けは見れないが、霧が晴れ上がった扇ヶ鼻は霧氷が輝きとても綺麗だった。
このすばらしい景色を見れただけで来た甲斐があった。
c0012140_1443654.jpg



扇ヶ鼻より星生山
c0012140_144937100.jpg



c0012140_14505414.jpg



c0012140_14511749.jpg



c0012140_14513360.jpg



c0012140_14515490.jpg



c0012140_14521576.jpg



扇ヶ鼻の霧氷を満喫し、西千里ヶ浜から御池、中岳、天狗ヶ城へと向かう。

中岳山頂より御池、久住山方面
c0012140_14532243.jpg



大船山方面
c0012140_14572585.jpg



星生山方面
c0012140_14575197.jpg



天狗ヶ城山頂より御池
c0012140_1501652.jpg



星生崎より
c0012140_1515676.jpg



c0012140_1523370.jpg



帰りの沓掛山より夕焼けに映える山々
c0012140_1531265.jpg



c0012140_154197.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2006-01-30 15:05

1月22日 鶴見山 

1月22日 朝早くは湯布院や鶴見山は雪だった。
この日久住へ行こうと朝早く自宅を出たが、210号線庄内を越えたあたりで雪が舞いはじめた。
湯布院に近づくにつれ雪も激しくなり、「道の駅」で様子をみた。
ノーマルタイヤでは久住からの帰りが心配になり、11号線を由布山方面へとUターン。
チェーンはトランクに常備しているのだが、装着するのを面倒くさがる始末。
由布山正面登山口に着くと道路は雪で真っ白だった。
スリップした痕跡もあるのでノロノロ運転し、車をスノー走行に切り替える。

ちようど「大寒がまん大会」もやってるし、鶴見山に行くことにする。
鶴見山あたりで雪は小降りになっていた。

イベントの主催者一向とロープウェイで山頂まで上がる。
山頂の気温は-5度、霧氷が綺麗にできていた。

c0012140_14274626.jpg



c0012140_14292211.jpg



c0012140_14293849.jpg



c0012140_14295764.jpg



c0012140_14303463.jpg



c0012140_14305391.jpg



c0012140_14311169.jpg



c0012140_14313060.jpg



c0012140_14314552.jpg



c0012140_143262.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2006-01-30 14:34

由布岳 1月8日

登山前の天気は曇り。由布岳東登山口前の道路は凍結。
正午前登山開始。

登山口前の道路
c0012140_0474195.jpg



急斜面岩場より鶴見山、高崎山が見える。
c0012140_0485736.jpg



c0012140_0492812.jpg



お鉢は雪で覆われていた。
c0012140_0502980.jpg



c0012140_0504358.jpg



c0012140_051793.jpg



西峰
c0012140_0512761.jpg



東峰
c0012140_052477.jpg



c0012140_0525841.jpg



c0012140_0531517.jpg



c0012140_0533853.jpg



c0012140_054357.jpg



夕焼けを狙っていたが、あまりにも寒くペットボトルの水も凍り、手も凍てつくので下山することにした。
[PR]
# by mangeturodee | 2006-01-22 00:55 | 旅 写真 

今年の初登りは、久住 1月3日

1月3日 
長者原にて天気の確認をするが曇りの予報。
三俣に雲がかかり晴れるか心配するが登ることにする。
徹夜で寝ていないのでどこまで体力がもつか解らないが、
行き先は坊かつるに着いてから考えることにして午前10時登りはじめた。

雨が池に着いた頃には晴れ間もでてきた。
c0012140_2054591.jpg



大船山方面
c0012140_2056591.jpg




法華院温泉山荘と三俣山
c0012140_20565592.jpg



中岳と鉾立峠の分岐より三俣南方
c0012140_20575775.jpg



c0012140_2059220.jpg




やはりこれ以上登るという気力がなくなる。
徹夜はよくないですね。充分な睡眠をとって山登りしないとね。

帰りに撮った長者原方面。
c0012140_2112136.jpg



木立の中の雪模様
c0012140_2115084.jpg



長者原からみる帰りの久住はすっかり晴れていた。
c0012140_2123997.jpg




このあとヤマナミを走っていると睡魔が何度も何度もくるので、
湯布院道の駅で一時間半睡眠をとりかえりました。
[PR]
# by mangeturodee | 2006-01-08 21:04

久住にて 平成17年12月30日

午後からの久住行きのため牧ノ戸駐車場は満車だった。
仕方ないので、わりと綺麗に雪が残っていた九重やまなみ牧場で写真を撮る。
牧場のHP→ http://www1.ocn.ne.jp/~yama73/

c0012140_175482.jpg



c0012140_1754397.jpg



c0012140_1761072.jpg



c0012140_1763595.jpg



c0012140_1775116.jpg



c0012140_1781183.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2006-01-07 17:08

由布山 12月29日

正午正面登山口より 天気 晴れ

登山路は雪が固まり歩きにくい、場所によっては凍っていて滑る場所があった。
西峰、東峰への登山路は雪も深くないが、北側は腰まで雪がありずぼずぼはまってしまった。

c0012140_20573931.jpg



c0012140_20581924.jpg



c0012140_20583641.jpg



c0012140_20591683.jpg



c0012140_20593571.jpg



c0012140_210211.jpg



c0012140_2102282.jpg



c0012140_2104819.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2006-01-02 21:01

鶴見山 12月24日

鶴見山の年間パスポートがあるとついついロープウェイに乗ってしまう。
今日もまた夕陽に照らされピンクに焼ける樹氷が見れないかなと思いやってきたのでした。
期待は見事に裏切られ時々雲間から見え隠れする太陽でした。
夜はクリスマス・イブだから早く帰らないとね。

山頂の地蔵さんです。
c0012140_2025857.jpg




c0012140_2053088.jpg




c0012140_2061180.jpg




c0012140_2073037.jpg




c0012140_2084565.jpg




c0012140_20101410.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2005-12-27 20:10

由布山の霧氷 12月10日(土)

午前10時南登山口より。
登山口から見る頂上は雲をかぶっていた。
登山道は雪で滑りやすくなっていました。
特にマタエに至る岩場は踏み固められた雪が固まってツルツル。
アイゼンを付けるほどではないと思いましたが、
皆さん4本アイゼン付けていましたね。
マタエに着いた時はガスが出てきた。東峰も西峰も見えない状態。

マタエから鍋に積もった雪の様子です。
c0012140_21193657.jpg




西峰の鎖場方向
c0012140_2120267.jpg




今日は東峰の霧氷の確認です。
東峰を目指します。
c0012140_21221234.jpg



c0012140_21222828.jpg



c0012140_21225038.jpg




東峰山頂です。
4人ほどの人がいました。
c0012140_21234265.jpg



時たま太陽がうっすらと見えます。
c0012140_21241868.jpg



ブロッケンを期待しましたが下山するまで出ませんでした。

ところが下山する途中山頂を振り返れば、すっきり青空が出ていました。
もう少し粘ればよかったです。
c0012140_2126199.jpg



午後三時登山口到着。
[PR]
# by mangeturodee | 2005-12-10 21:27 | 旅 写真 

鶴見山の霧氷 12月7日

午後12時過ぎ地上では晴れていたが、鶴見山の山頂はガスがかかっていました。
ロープウェイ(往復1400円)で10分です。
山は正午で-3度でしたから、朝は-10度位でしょうか。
c0012140_2174282.jpg



c0012140_2181429.jpg



c0012140_2183774.jpg



c0012140_2185148.jpg



c0012140_219814.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2005-12-10 21:09