10月16日 大船山

先々週(10月1日)に引き続き今日も大船山です。
ルートも先々週と同じですが、違いは朝焼けを蛇越峠に立ち寄り、山より帰りのルートを暮雨の滝経由にしたことだけでしょうか。

(蛇越峠からの朝日)
c0012140_0191830.jpg




今日は大船山の紅葉進展具合の確認でしたが、とてもすばらしい晴天に恵まれ、山頂からは雲仙まで見れたようです。
でも私は、どの山が雲仙なのか解らなかったのは残念でした。
どうも大船山頂からは白口岳方向に見えるようです。

吉部登山口から暮雨の滝の上に登り、紅葉した樹木辺りに光が差し込むのを30分待ちました。朝は雲が若干あり、光がさえぎられていました。
シャワーのような木漏れ日はなく、期待はずれで坊がつるへと向かいました。
中に色づいた木々の葉が綺麗でした。
c0012140_021275.jpg



坊がつるに到着した頃には雲はすっかりなくなりました。
キャンプ場には何張ものテントがありました。ずいぶん賑やかです。
(キャンプ場より)
c0012140_0221177.jpg



段原からススキの背景に阿蘇五岳を入れてみました。
c0012140_0262626.jpg



大船山山頂は混んでいました。
天気の良さと、紅葉時期が重なったからでしょうね!
気になる御池の紅葉は、
c0012140_0284196.jpg



なかなかいい色になってきました。
c0012140_0291042.jpg



さらに由布岳方面は
c0012140_0295179.jpg



三股山方面は
c0012140_0302798.jpg



御池の紅葉も進んでいるし、これから楽しみです。
[PR]
# by mangeturodee | 2005-10-17 00:31

藤河内渓谷から大崩山へ 9月23日

台風の被害は藤河内渓谷方面では落ち着きがみえた。
道には石ころがゴロゴロしていたり、倒れた樹木が道路の隅にあったりで通りにくいという程度。
ただ宇目から祝子川・大崩山方面へ抜ける道路は、かなりやばいです。
道路の陥没、アスファルトの波うち、石ころの散乱とスローペースの走行となりました。

最初は藤河内渓谷を見て回りましたが、まだまだ紅葉は先のようです。
c0012140_22192639.jpg



思い出橋から


c0012140_22201481.jpg



c0012140_22211010.jpg



藤河内渓谷から上流へ歩いて50分の所に観音滝があります。
落差70メートルで赤い花崗岩が特徴的です。
ここにくるまで不覚にも道を間違えて、1時間30分かかってしまった。

観音滝
c0012140_22235082.jpg



滝つぼです。
c0012140_2224313.jpg



滝でお昼をとり、大崩山へ向かいます。

大崩山登山口までは土砂崩れのため通行禁止になっており行くことはできませんでした。
でもだいたいの山の感じはつかめたので秋の紅葉シーズンが楽しみです。
それまでに道路状況が良くなっていることを願って。
帰りは祝子川沿いを走り延岡に出て帰りました。
[PR]
# by mangeturodee | 2005-09-25 22:28

由布川峡谷 9月17日

前回は岩から滑って怪我をして中断した峡谷の椿入り口からチェック・ストーンまでを探索しいみました。
先日の台風や雨で前回よりも水量は増えています。
一番の難所は崩落地点の岩を越える場所です。
ヘソのあたりまで水につかっての行軍となりました。
水は冷たいですがまだ耐えられます。

崩落地点手前の滝
c0012140_2153136.jpg




崩落地点を過ぎてチェック・ストーン手前の滝
c0012140_21562932.jpg



光が差し込んだ滝
c0012140_21571619.jpg



チェックストーン
c0012140_21574844.jpg



c0012140_21582113.jpg



c0012140_21584143.jpg



c0012140_21592453.jpg


結局、デジカメ一台水につかってしまいました。
[PR]
# by mangeturodee | 2005-09-19 22:00

菊池渓谷2 由布川峡谷

8月13日は、朝早くから菊池渓谷まで行った。これで先週から二回目になった。
朝の菊池渓谷は、

(広河原にて)
c0012140_0124536.jpg




(四十三万滝にて)
c0012140_015743.jpg




由布川峡谷 猿渡入り口より

8月14日、寝坊です。由布川峡谷へと涼を求めて、猿渡り入り口が峡谷へと入り、椿入り口の先まで行くが、崩落部分がありその先へは行かなかった。
c0012140_018097.jpg




c0012140_018274.jpg




c0012140_018502.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2005-08-15 00:21

九重連山 平治岳

天国の花がある。
弁当を食べた後うっとりと眠りにつく頃、君はそう感じるだろう。
何故、今までここに来なかったのだろう。
もっと早く来ていたなら、もっともっと天国に近づいていたかもしれない。
c0012140_20583277.jpg



c0012140_2102116.jpg



c0012140_2104524.jpg



c0012140_21133.jpg



c0012140_2114474.jpg



c0012140_2145336.jpg


ここには天国の花がある。
僕はそう感じた。
平治岳また来年逢おう。
[PR]
# by mangeturodee | 2005-06-06 21:00

高千穂峡

5月21日、阿蘇から高千穂に向かった。
山道を登ったり下りたりしてやっと着いた気がします。
ブレーキはほとんどエンジンブレーキを使っての運転、最近ブレーキの効きが甘くなっている。

高千穂峡の説明を高千穂町のホームページから引用しますと、

「 高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した溶岩流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷です。
この高千穂峡は、昭和9年11月20日名勝・天然記念物に指定されています。
付近には、七ツヶ池と呼ばれる歐穴や日本の滝100選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあります。
 高千穂峡では、貸しボートで「名勝真名井の滝」に近づくことができ、スリル満点です。また自然遊歩道や、釣り堀、淡水魚水族館などがあり、夏は流しそうめんなどを楽しめます。」
http://www.town-takachiho.jp/kankou/taka-kyou.htm

真名井の滝です。
c0012140_2238954.jpg




御橋から真名井の滝を
c0012140_22421052.jpg



c0012140_22461782.jpg



c0012140_22463817.jpg



c0012140_224779.jpg



[PR]
# by mangeturodee | 2005-05-23 22:47 | 旅 写真